自身のリラックス方法であるリーディングで意識するべき大事なスポット

息抜きものというは、千差万別違うものがあるから明るい。

フィットネスをめぐって汗を流すというヤツもいれば、仲よしと話す美味しいものを食するなど、例を挙げればきりがない。
私ももちろん体を動かしたり、気のおけない学生時代の仲よしといったお喋りすれば気分がスッキリすることがある。

但しそれよりもとにかく刺激を発散とれるものは本読みです。

活字を追うなんて、それだけで疲れて余計にストレスが溜まるというヤツもおるだろう。
但し俺においてマガジンを掴むことは何にも代え難い、何だか状況逃避の戦法といえる。

状況逃避なんて口上を使うといった、それは息抜きとは違うのではという意見が聞こえてきそうだが、刺激を軽減するには刺激の原因を忘れ去ることがベストです。

置き忘れるという対応は状況を変えたり解決するためはないので、つまるところ逃避する感じだと俺は感じる。
状況逃避をするなら別の講話に入り込めが宜しいというのが私の判読で、そのためにはマガジンを読んでその世の中に入り込むが速い。

今日は不愉快ことがあったなとおもう日には、帰りの車両で小説をよむ。
今週は疲れたなと思ったら、OFFは朝から晩までマガジンをよむ。
速読術は身につけていないが、精読する必要がないと思えば大して短時間で読み終わるものである。

よむマガジンは、やはり元手はかけずにライブラリーで物色するが、息抜きにお金をかけないというのも私のスローガンです。

小説であれば、仕様が楽しくなくても済むのは、息抜きのための本読みは虚構の中に意識を据え置くについてだけが必要だからです。

ベストいけないのは、ビジネス本や自己啓発マガジンを掴むことだと思う理由は、自分のことに意識を向けることになるので、余計にストレスが溜まって毒です。脇のムダ毛処理が面倒な女子必見です